【ダイエット|水素水の健康への応用】

代謝を上げ、痩せる作用も

水素水にはダイエット効果も確認されています。

 

その内容を紹介します。

 

水素水おすすめランキングはコチラ

 

肥満モデルマウスの実験

動物実験のためにあらかじめ特定の病気や不健康状態になるようにセットされたマウスがいます。

 

メタボ症状のモデルマウスは、食欲が抑えられず、自然に中性脂肪値や血糖値がなります。

 

このモデルマウスに水素水を与えたところ、食事量は変化がないのに体脂肪血、中性脂肪値、血糖値などが下がりました。

 

また、代謝が上がり、同じ運動量のままでも酸素の消費量が上がります。

 

原因は、肝臓から分泌され、エネルギー代謝を上げるホルモンが増えるせいであることもわかりました。

 

水素水の効果の多くは活性酸素に対する抗酸化作用で説明できるのですが、これは少し違う感じです。

 

なぜそのホルモンが増えるのかというと、水素水が脂肪代謝をする遺伝子の調節スイッチをオンにするためだそうです。

 

人間での実験

アスリートが水素水を飲むと、糖代謝ではなく脂肪代謝がさかんになり、疲れにくくなることもわかったそうです。

 

モデルマウスからアスリートまでの話は、太田教授著「水素水とサビない身体」39ページに出ています。

 

また、教授の影響を受けて水素を医療に取り入れている医師の話が同書の32ページに出ています。

 

京都の梶山内科クリニックの梶山静夫院長によると、動脈硬化とメタボリック症候群に水素が明らかな効果を示しているそうです。

 

 

このように水素水はダイエット面でもプラス作用が期待できそうです。

 

水素水おすすめランキングはコチラ