【水素水の飲み方|太田教授の著書に学ぶ】

開封したら早めに飲み切ることが一番大切

このページでは、水素水をより効果的に飲む方法をご紹介します。

 

水素水おすすめランキングはコチラ

 

飲み方で一番大切なこと

水素水は薬ではなく、飲み過ぎの害もないので、どう飲もうと自由です。

 

しかし、一つだけ大切なことがあります。

 

それは開封したら、長くても2〜3時間くらいの間に飲み切るということです。

 

開封した直後から水素がどんどん抜けていって、ただの水になってしまうからです。

 

また、太田教授によると、ちびちび飲むより、一度にまとめて大量に飲んだ方が効果が出やすいそうです。

 

その理由は、遺伝子のスイッチをオンにする効果が高いようだとおっしゃっています。

 

量は経験上、1日300〜500ミリリットルぐらいが良いと思うが、医療実験では1リットルぐらい使うことも多い、とのことです。

 

水素水のパウチは300〜500ミリリットルくらいなので、1パックを開封したら一気に飲み切るようにしたらいいと思います。

 

一度に飲み切れない人は封をしっかりして、2時間くらいのうちに数回に分けて飲み切りましょう。

 

飲むタイミング

特にきまりはないが、活性酸素が増えている時に飲むと効果的とのことです。

 

疲れている時、ストレスを感じている時、体の具合が悪い時などです。

 

スポーツの後などもよいです。

 

一方、スポーツの前に飲むと体がよく動くので、これもいいとのことです。

 

お風呂上りもよいでしょう。

 

一日の疲れがたまった就寝前も良いのですが、一つ問題があります。

 

水素水を飲むと体内の有害物質の分解が進み、おしっこがたくさん出ます。

 

頻尿で寝付けなくなる可能性がある人は、就寝前は避けるようにしましょう。

 

温める、まぜる、など

水素水は沸騰させると水素が全部飛んでしまいますが、開封しないまま湯煎で少し温めるぐらいは大丈夫だそうです。

 

幼児、お年寄り、お腹を下しやすい人が飲む時は、少し温めて飲んだ方がよいとのことです。

 

あるいは、熱いお茶やコーヒーに水素水をまぜてさまして飲むのもおすすめだそうです。

 

また、水素は無味無臭なのに、なぜか水素水で割ったジュースやお酒はまろやかでおいしいそうです。

 

いろいろな飲み方を試すのも楽しそうです。

 

ただし、調理に使うのは、熱で水素がほとんど飛んでしまうので、意味がないとのことでした。

 

以上の記事は、太田教授著「水素水とサビない身体」第3章をもとに書きました。

 

水素水おすすめランキングはコチラ