【放射線障害|水素水の健康への応用】

放射線の害の緩和研究も進行中

水素水は放射線の害を緩和する作用も確認されています。

 

これについて説明しましょう。

 

水素水おすすめランキングはコチラ

 

放射線の害に有効なメカニズム

放射線が人体に及ぼす害の80%は、悪玉活性酸素ヒドロキシラジカルによるものだそうです。

 

人体のほとんどは水で出来ているため、放射線は水分子に衝突して直接ヒドロキシラジカルが発生します。

 

ヒドロキシラジカルが遺伝子を損傷するほか、腫れなどの症状をもたらすのです。

 

これは別に太田教授の独自の説ではなく、教科書に載っている基本事実だそうです。

 

こういうわけなので、ヒドロキシラジカルを選択的に中和する水素水が有効なのは当然です。

 

以上の話は、太田教授著「水素水とサビない身体」81〜82ページに出ています。

 

様々な場面で期待される活躍

放射線の影響を軽減する力が使える場面は複数あります。

 

  1. 抗がん目的の放射線治療の副作用緩和
  2. 原発事故などによる被ばく者の治療
  3. 宇宙での人体保護

 

1については、すでに医療現場で使われ始めているそうです。

 

放射線治療の副作用は、髪が抜けたり、腫れたり、吐き気がしたり、大変です。

 

癌に負けず劣らずつらいものだと言われています。

 

それが緩和できるならすばらしいことです。

 

2については、福島での除染作業者に水素水を配ることを太田教授が提案したそうです。

 

しかし、東電と除染作業を請け負うゼネコンは、断ってきました。

 

それを認めると放射線被ばくの危険があることを認めることになるからです。

 

ひどいですね。

 

3についてですが、宇宙空間には宇宙線と呼ばれる放射線が飛び交っています。

 

船外活動をする宇宙飛行士のためはもちろん、今後増えるであろう一般人の宇宙旅行者の安全を確保するために、放射線対策は非常に重要な研究です。

 

すでにNASA(アメリカ航空宇宙局)が水素の使用研究に取り組んでいるそうです。

 

以上の話は、太田教授著「水素水とサビない身体」45〜47、および82ページに出ています。

 

水素水おすすめランキングはコチラ