長期的にはパウチより低コスト

水素水はアルミパウチ入りのものが主流ですが、自宅で作るサーバーもあります。

 

このページではサーバータイプの商品を紹介します。

 

水素水おすすめランキングはコチラ

 

ルルド

あまり圧力をかけずに生成する方式なので、長時間水素濃度が保たれるサーバーです。

 

生成時点で1.2ppm、12時間経過後でも1.0ppmを保持します。

 

コスト安も魅力で、3年続けるとアルミパウチタイプより約50万円、お安く済みます。

 

口や手の消毒、清掃に使えるオゾン水を作ることもできます。

 

土日祝も対応してくれる電話サポートもあるので安心です。

 

ルルドの資料請求と購入はコチラ

SOMA(ソーマ)

持ち運びもできる小型の水素水サーバーです。

 

水素水を作るのにかかる時間はたったの3分。

 

心臓部のプラチナリングは特許出願中。

 

耐久性に優れ、メンテナンスが楽な点も魅力です。

 

水素水サーバーSOMAの詳細と購入はコチラ

 

水素水おすすめランキングはコチラ