【活性酸素原因の多様な病気|水素の健康効果】

続々と出される研究論文

多くの病気が根本的には活性酸素によって引き起こされています。

 

そういう病気に対して水素の応用研究が進んでいます。

 

水素水おすすめランキングはコチラ

 

活性酸素が引き起こす病気の例

循環器 動脈硬化、脳卒中(脳梗塞)、心筋梗塞、再灌流障害
脳神経 認知症、パーキンソン病、脳浮腫、外傷性てんかん
呼吸器 慢性閉塞性肺疾患(煙草病)、喘息、肺気腫、呼吸窮迫
内分泌代謝 糖尿病、肥満、メタボリックシンドローム
皮膚 アトピー性皮膚炎、火傷、日光皮膚炎、しみ、しわ
腫瘍 癌の発生・転移、がん化学療法と放射線療法の副作用
眼科 白内障、未熟児網膜症
消化器 肝炎、膵炎、胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、クローン病
血液系 異常ヘモグロビン症、薬物性貧血
泌尿器 糸球体腎炎、薬物性腎障害
その他 自己免疫疾患、膠原病、リウマチ、アレルギー、花粉症、痛風、歯周病

 

上記リストのような病気に対して水素の応用が世界中で試みられ、続々と学術論文が出ているとのことです。

 

負のスパイラルを断ち切り、体質を変える水素

かつては別々のものと捉えられてきた酸化、炎症、アレルギー。

 

この3つは実は密接に関係しあって負のスパイラルを構成していることがわかってきました。

 

水素は遺伝子のスイッチを入れ、負のスパイラルを断ち切るものだそうです。

 

この話は太田教授著「水素水とサビない身体」35〜37ページに出ていました。

 

ちなみに、スイッチをいれるためにはちびちび飲むより、一気に大量に飲んだ方が効果があると別のところで語っておられます。

 

副作用はないので、多めに飲んでも心配はいらないとのことです。

 

水素水おすすめランキングはコチラ